MENU

病院に行かずに不妊を治す方法 たったこれだけ!

 

不妊病院に行かずに、妊娠する方法は、
食品添加物や環境ホルモンをなるべく取り込まずに、体を根本から改善する!
たったこれだけです!
では、もう少し具体的に解説しましょう!


不妊治療は、多くの費用と時間を費やしてしまうので、なるべく早くに自然妊娠することが理想です。
この自然妊娠をするには、重要な条件があります。

自然妊娠するための条件

     

  • 受精可能な卵子があること
  • 着床可能な子宮内環境があること

 

ところが、現代の日本は、普通に生活しているつもりでも、有害なものを取り込んでしまうので、不妊の原因になったりするのです。

 

 

では、有害なものとはなんでしょうか?
調味料や合成着色料、保存料などの食品添加物です。
食品添加物は、人間の体には必要のない有害物質です。
ですが、私たちが口にする加工食品のほとんどに、食品添加物が含まれています。



これが少量ならば、問題ありませんが、
内臓の処理能力を超えた分が、体内に蓄積されて、栄養を破壊した入り、吸収を阻害したりするのです。
結果的に、不妊だけでなく、いろいろな病気の原因になっているのです。

 

食品添加物だけが、不妊の原因じゃない!

 

また、私たちが毎日のように使う、シャンプーや化粧品、合成洗剤にも環境ホルモンという有害物質が含まれています。
使用するたびに、皮膚や口から体内に取り込まれているのです。


この環境ホルモンは、正式名称を内分泌攪乱化学物質ないぶんぴかくらんかがくぶっしつto
言い、体内に入り込むとホルモンと同じような働きをします。
特に女性ホルモンのエストロゲンと似たような働きを持ったものが多く、体内に吸収・蓄積されることによって、性成熟の遅れや生殖可能年齢の短縮、妊娠維持困難などの原因となります。

工場の煙


これ以外にも、大気汚染・水質汚染など地球レベルでの環境問題を考えると、私たちの体は生まれたときから、数々の有害物質に汚染され続けていることになります。
これでは、不妊の女性が増えるのも無理はありません。

問題があると、不妊になるようにできている!?

自然
人間や動物の体内では、何かの危険を察知したとき、1番最初に生殖機能が停止するようになっています。
理由は、第一に生き延びることが重要だからです。

食生活の改善が、体質改善のカギ!

 

つまり、不妊症を病院を行かずに治すには、食品添加物や環境ホルモンをなるべく取り込まずに、体を根本から改善する必要があるのです。
また、不妊治療に悩む人は、食生活が乱れている人も大変多いです。
こういった方達は、サプリなどで栄養バランスを整える必要があります。



ベテラン助産師は無添加のサプリをおすすめしています!
↓↓↓↓↓↓↓↓


自然妊娠をしたいのなら、まずは体質改善を!

不妊に悩む方や不妊治療中の方が、体質改善をしたら「自然妊娠できた!」というケースはたくさんあります。
もし、自然妊娠を望むのなら、病院に行くだけが改善方法ではなく、体質を変えてみることが重要です。

用語解説

食品添加物とは?

食品を調理・加工・製造する際に添加する物質。
香料、調味料、保存料など。
厚生労働省によって1日の摂取許容量が定められていて、その範囲内であれば人体に被害はないとされている。
許容量は、食品添加物の種類によって異なるが、基本的に、動物実験をクリアした分量の100分の1を人間の1日の摂取許容量としている。

 

環境ホルモンとは?

内分泌かく乱物質とも呼ばれる。
ホルモンに類似した作用を持つ合成化学物質。生分解去れないので環境への残留や生物濃縮を起こし、微量でも動物や人間の生殖機能や代謝機能をかく乱する。
環境ホルモンの耐容摂取量は明確でないが、母乳中に高濃度に検出されることが知られており、乳児への影響が懸念されている。

体質改善のコツ